第19回日本城郭検定 受付中【10月5日 申込締切】

日本城郭検定の開催エリア解説

日本城郭検定を受験するとき、どこで受けるかは重要な問題です。

仙台/東京/名古屋/大阪/姫路/福岡の6都市で開催されています。

申し込みのときに希望の受験地を選ぶことができるので、あなたにとって最適な場所で受験しましょう。

この記事では、日本城郭検定の受験地情報を紹介します。

目次

日本城郭検定の開催エリア解説

大阪城 模擬天守
▲大阪城 模擬天守

日本城郭検定を受験するとき、どこで受けるかは重要な問題です。

仙台/東京/名古屋/大阪/姫路/福岡の6都市で開催されています。

申し込みのときに希望の受験地を選ぶことができるので、あなたにとって最適な場所で受験しましょう。

この記事では、日本城郭検定の受験地情報を紹介します。

開催エリアは、仙台/東京/名古屋/大阪/姫路/福岡

江戸城 大手門
▲江戸城 大手門

日本城郭検定は、全国6都市で行われます。

申し込みのときに希望の受験地を選びます。

仙台/東京/名古屋/大阪/姫路/福岡の6都市

日本城郭検定の開催エリアの地図
▲日本城郭検定の開催エリア

過去の実績では、

  • 仙台
  • 東京
  • 名古屋
  • 大坂
  • 姫路
  • 福岡

の6都市で開催されています。

受験者数が年々増加していますし、全部で5つの級(1級、準1級、2級、3級、4級)がありますので今後開催地が増やされる可能性もありますが、2020年12月現在では上記の6都市です。

20201年6月開催予定の第18回も同じ6都市が開催エリアとなっています。

各回によって変更になる可能性もあり

申し込みのときに希望の受験地を選ぶことができます。

管理人は過去8回受験して、すべて名古屋を希望地として申し込みました。

そして、8回とも名古屋で受験しています。

希望地と異なるエリアで受験した経験はありませんので、基本的に希望したところで受けられると思われます。

しかし、各回によって事情が異なるため、希望地とは違うところが受験地なる可能性もあります。

心しておきましょう。

実際の会場は受験票で確認を!

名古屋城 外観復元天守
▲名古屋城 外観復元天守

では、希望通りになったのか、また具体的な会場はどこになるのかが気になりますよね。

それについて、以下に解説します。

会場名は受験票に記載

受験エリア、会場は受験票に記載され、試験の2週間ぐらい前に郵送されてきます。

逆に言うと、受験票が届くまではわかりませんので、少しやきもきするかもしれません。

受験票が届いたら、受験エリアと会場の場所を確認しておきましょう。

管理人が受験したのは名古屋会場

管理人は過去8回受験しましたが、いずれも名古屋会場でした。

実際の会場は、各回によって異なります。

専門学校だったときもあれば、名古屋市公会堂だったときもあります。

毎回同じ会場ではありませんので、前に行ったところだよね?と決めつけず、受験票が届いたら必ず会場を確認しましょう

また、当日は緊張などでバタバタしやすいので、事前に会場までのアクセスも確認しておきましょう。

特に、駐車場がない会場が多いと思われますので、公共交通機関で行くことを前提に最寄り駅がどこなのか最寄駅からどのぐらいかかるのかなどしっかりと調べておきましょう。

近隣のお店を確認しておこう!

大阪城 大手門
▲大阪城 大手門

これが意外と見落としがちですが、会場近くの食事ができる場所やコンビニなどのチェックも忘れずにしておきましょう。

意外と近くにコンビニがなかったりします。

飲み物を買おうと思っただけなのにコンビニを探すのに時間がかかってしまった!ということのないように注意しましょう。

まとめ

日本城郭検定を受験するとき、どこで受けるかは重要な問題です。

仙台/東京/名古屋/大阪/姫路/福岡の6都市で開催されています。

申し込みのときに希望の受験地を選ぶことができるので、あなたにとって最適な場所で受験しましょう。

実際の受験エリアや試験会場は受験票に記載されていますので、受験票が届いたらしっかりと確認するようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!
不明なことや、ご要望などあれば「お問い合わせページ」や「Twitter」「コメント欄」でお気軽にご連絡下さい!
また、この記事が「役に立った!」と思っていただけたなら、SNSなどでシェアしていただけると大変うれしいです。
他にもお役立ち記事を書いていますので、ぜひ参考にお読みください!

管理人:たかまる。@日本城郭検定1級ホルダー

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる